肥後生まれのすらっとすっぽん

すらっとすっぽんは
台湾すっぽん12.5匹分
アミノ酸吸収できる

 

リピート率94%
リピートしないのは6%

 

初回税込で500円でお試しできます
ただし、在庫が非常に少ない層で
そりゃ500円て大判振る舞いじゃなくなっちゃうよ、すっぽんさん!!

 

管理栄養士注目
アミノ酸皆さんご存知ですよね
生命の源となる大切な栄養分
アミノ酸は体内で合成できないため食品から接種するしかないんです

 

アミノ酸は黒酢のなんと303倍

 

肥後のすっぽんの卵黄だけを贅沢に使っているんですって。
おすすめですよ!

アミノ酸を説明するにはまず、「たんぱく質」からお話する必要があります。

 

皮膚や髪、爪、筋肉、内臓組織やホルモンに関係するものまで、さまざまなところに存在しています。

 

このたんぱく質は、アミノ酸がつながってできたものなんです。
実はたった20種類のアミノ酸の組み合わせでできています。

 

私たちの身体はアミノ酸でできているともいえますね。

 

たんぱく質に含まれる20種類のアミノ酸のうち、9種類のアミノ酸(必須アミノ酸)は体内で合成することができません。

 

食事から摂るしかありません。日々、良質のアミノ酸を含むたんぱく質を食事として摂ることが、健康に過ごすためのポイントになります。

 

アミノ酸には特に、筋肉を強化させたり、体力を増進させる働きや、成長促進、安眠などへの効果が期待されています。

 

 

さきほども少し触れましたが、アミノ酸には体で作り出すことができず、食事から摂取する必要がある9種類の「必須アミノ酸」と、それ以外の体で作ることができる「非必須アミノ酸」があります。アミノ酸にはさまざまな性質のものがあり、食べものから摂る場合はいろいろな食材を組み合わせることが重要です。

 

たんぱく質の食材は、それぞれ違うバランスのアミノ酸の種類を持っています。

 

食品の種類によってアミノ酸のバランスが異なるので、卵、乳製品、魚、豆・豆製品、肉、といったカテゴリーの違う食材を食卓に取り入れ、またその種類もできるだけ多くのものに変えることがオススメです。

 

たとえば魚ならサケ、アジ、マグロ、サワラ……などと、種類を変えてみてください。

 

 

 

バランスに関していうと、たんぱく質、炭水化物、脂質はエネルギーになる三大栄養素で、この3つを体内でうまく活用するためには、ビタミンとミネラルが欠かせません。栄養素はお互いに必要なものとして身体の中で作用するので、必要のないものはありません。ちなみに、炭水化物や脂質も摂りすぎると肥満につながることもありますが、身体には必要な栄養素です。適量を摂る事が必要です。

 

日々の食事だけで難しい場合には、ビタミン剤や栄養補助食品等を取り入れるのもよいでしょう。

 

 

 

アミノ酸が不足すると?
体の中では常に、タンパク質がアミノ酸に分解される→別のタンパク質を合成→再び分解、という代謝がくり返されています。

 

タンパク質は、古くなるとアミノ酸に分解され、血液にのって肝臓に戻り、新しいアミノ酸につくり変えられます。しかし一部は水とアンモニアに分解されて尿に排出されるため、アミノ酸の量は減っていきます。そのため、新しいアミノ酸を補給しないと、下に示したようなさまざまな不調が起こる可能性があります。

 

タンパク質は、20種類のアミノ酸からつくられていると述べましたが、そのうち9種類は、体内で合成することができないため、食品から摂る必要があります。この9種類は必須アミノ酸と呼ばれています。
残りの11種類のアミノ酸は体内で合成できるため非必須アミノ酸と呼ばれます

 

これは「食品からの摂取が必須ではない」という意味で、体にとって必要なアミノ酸であることに変わりはありません。

 

また、体内で合成できるといっても、やはり食事で補うことが大切です。
人の体は絶えず、新しくつくり変えられていて、昨日と今日とでは、同じように見えても、細胞の数パーセントは新しく生まれ変わっています。ですから、体をつくるための重要な栄養素であるアミノ酸は、毎日欠かさずに摂る必要があるのです。